複数あるキャッシングをまとめるとき、現状よりも低い金利になることが望ましいものです。
それがわかりやすいのは銀行カードローンです。
銀行といえば低金利が魅力になっていますが、融資限度額が高くなればそれだけ低くなる金利の形もおまとめにはむいています。
最近の銀行はインターネット専業銀行もカードローンの提供を始めていますので金利には大きな違いが出てくるようになりました。
低金利の銀行ばかりではないということです。
銀行は金利が低いものだと決めつけることはできません、必ず金利は比較しましょう。
そして自分が借り入れたい金額ではその金利がどのくらいになるのかも比較しなければなりません。
融資限度額によって金利が決まる銀行では、例えば100万円を借り入れ返済を続けていけば借入残高が少なくなり金利は高くなる、というものではありません。
あくまでも融資限度額によって決められる金利になりますので返済をしていったとしてもその金利には変動がありません。
おまとめのように借り入れ金額が大きくなるのであれば銀行の低金利は確実に返済が楽になります。
現在のキャッシング残高はいくらでしょうか。
その金額を銀行に借り換えたとするといくらの借り入れが必要になるのでしょうか。
融資限度額によって決まる金利を各銀行で確認してみましょう。
その融資限度額によってはもしかすれば考えていた銀行とは違った銀行の方が金利が低くなっているかもしれません。